「猿の惑星3」で、喋る事が出来ない孤児の少女「ノヴァ」を演じるアミア・ミラー!

2004年生まれの13歳ですが、猿の惑星撮影時は11歳でした。アメリカのバージニアで生まれ、その後フロリダ、ロサンゼルスへと移住。兄弟は兄と弟がいます。

ファンタジーの世界からそのまま出てきた様な、神秘的な雰囲気を持つアミア・ミラー。
モナリザの様でもあります。

家族の前ではよく喋るのに、他の人の前では大人しくなってしまうシャイな性格でしたが、ファッションに非常に興味があった為、8歳からキッズモデルとして活動を開始。演技を始めたのは10歳からだそう。

彼女曰く、「普段は自分自身にしかなれないけど、演技となると他の違う誰かになる事ができるからすごく楽しい。監督の「カット!」という声がかかるまで他の人格になれるの!」と、演技を非常に楽しんでいる様子。

「猿の惑星」にキャスティングされるまでは、テレビCMやドラマにちょっとした役で出ていたぐらいなので、今回のキャスティングはかなりの大抜擢!
という事で彼女もかなり興奮気味で、「街中に自分が載った映画のポスターが出ている事が未だに信じられない!」との事。

なんと、オーディションを受けた当初、彼女は何の映画のオーディションか知らされていなかったそうです。秘密保持契約書を書かされたので、何か大きな作品らしいという事は予想がついたが、あとはFOX映画だという事しか分からなかったそう。
オーディションの結果は、満場一致でアミア・ミラーに決定。猿と接する姿が本当に自然で、ノヴァ役はこの子しかいない!となったそうです。

今回の猿の惑星は3作目なので、すでに1,2作品目から出演している俳優、スタッフの中に一人だけ入っていくのは「最高に緊張した」との事。いきなり大作映画で、しかもベテラン俳優の中に一人だけ入っていくって、11歳じゃなくても緊張しますよね・・・幸い周りが暖かく迎え入れてくれた様で、すぐに馴染めた様です。
映画のインタビューで、「泣く演技が好き。映画中に泣く時何を考えてたと思う?撮影の合間に学校に行かないといけなかったから、それを考えて泣いてたの!(笑)」と冗談を飛ばすぐらい元気にやっていました。

そんなアミア・ミラーが出演する「猿の惑星」、今回で本シリーズは完結となります。
是非チェックしてみてください。

カテゴリー: 美女ウォッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。