2016年に二人目の子供を出産したブレイク・ライブリー。

10か月で増えた28キロを14か月で元に戻し、話題に。

産後とは思えないこのボディ!仕事も育児もこなす中で、一体どの様にして産後ダイエットをしたのでしょうか?

実はブレイク・ライブリー、子供がいても出来る短時間のダイエットを日々こなしていたそうです。

さっそくその産後ダイエットの内容をチェックしていきましょう!




産後の食事はデリバリー

産後しばらくは、良質な素材を使ったデリバリーサービスに頼っていたそう。

全てグルテンフリーのもので、チキンカレーやサーモン、グリーンサラダなど体に良いものがたっぷり。届けられた食べ物を一日4回に分けて食べていたそうです。

普段の食事は、たんぱく質と野菜をバランスよく摂取できるメニューを、専属シェフが提供しています。

それでも料理好きのブレイクは、自分で作ることもよくあるそう。自分で作る場合でももちろん、素材にはこだわります。夫のライアン・ノイルズとよくファーマーズマーケットに行くこともよくあるそうです。

 

 

軽いトレーニングをほぼ毎日

もともとトレーニングは週1、2回だったブレイクですが、トレーナーのドン・サラディノのアドバイスで、週5,6回ジムに通う様に。トレーニングは一日30分~70分程度。

仕事も育児も忙しいブレイクに配慮した、いかにたくさんトレーニングを行うかではなく、いかに毎日続けるかに配慮した内容になっています。
トレーニングの内容は「上半身の日」「下半身の日」「インターバルを走る日」と日替わりになっており、毎日共通して行うエクササイズはフォームローリングなどだそう。

 

フォームローラーを使って筋肉をほぐし、体幹を鍛えます。

トレーニング以外には、加工食品やジャンクフードを避けるなど、食事にも気を付けていたそうです。

 

体型の変化をポジティブに捉える

 

ブレイクのトレーナードン・サラディノは、ストレスを感じると余計に太ってしまうので、妊娠でお腹が出る事や太る事を悲観せず、ポジティブに受け入れる事が最も大切だと語っています。

ブレイクは妊娠中の体型の変化を楽しんでいて、全く嫌がっていなかったそうですが、産後の事を気にし過ぎずに、この貴重な時間を思う存分楽しむことが、何よりも大事だそうです。





以上、ブレイク・ライブリーの美容法でした。

カテゴリー: 海外セレブの美容法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。