2017年8月4日に公開された「トランス・フォーマー5 最後の騎士王」
は、ローラ・ハドック(31歳)とイザベラ・モナー(15歳)のWヒロイン!

右:ローラ・ハドック
左:イザベラ・モナー

 

エキゾチックな顔立ちが可愛いイザベラ・モナーについて調べてみました。

 

イザベラ・モナーの生い立ちや性格は?

イザベラ・モナー(Isabela Moner)は、歌手、ダンサー、ソングライターとしても活躍するアメリカの女優。
2001年生まれの15歳です。

兄弟構成は、お兄さんと弟の3人兄弟。
趣味はスキー、スノーボード、スケート、トランポリン。兄や友達と遊ぶ事。

7歳で女優の仕事を始め、10歳でブロードウェイデビュー。
同じく10歳の時に、歌手として国内外のテレビデビューを果たします。

多才な彼女ですが、なんと成績も優秀。
学校には通わずホームスクーリングでしたが、飛び級して卒業。
父親がルイジアナ、母親がペルー出身で、家ではスペイン語を話していたため、スペイン語、英語が堪能です。フランス語も勉強中との事!演技も勉強も出来て、語学も堪能とは羨ましい限り。

性格は、情熱的でユーモアがある一方、恥ずかしがりやで内気な一面も。
彼女曰く、泣く演技は難しくないとの事。
演技に入りこめば自然と涙が出てくるので、トランスフォーマー5の撮影でも嘘泣きのシーンは一切なく、すべて本物の涙との事。
さすが若くして大役を射止めただけありますね。

マイケル・ベイ監督の目に留まったオーディションビデオとは?

イザベラ・モナーは、背景に使ったアイロンをかけた白い布を使うなど、マイケル・ベイ監督に送るオーディションテープには特に細心の注意を払ったそう。

またISSYというキャラクターや背景に思いを巡らせ、「外は暑いから、ISSYは汗を拭くためにバンダナが必要なはず」と想像し、腕にバンダナを巻いて撮影しました。このユニークなバンダナがマイケル・ベイの興味を引き、見事ヒロインの座を獲得するに至ったそうです!

 

過去の出演作

~TV番組~

Several lead roles in television pilots

“Growing Up Fisher”, NBC (Jenny)

“Dora and Friends: Into the City”, Nickelodeon (Kate)

“100 Things to Do Before High School”, Nickelodeon (CJ)

~映画、ミュージカル~

“Fly the Musical” (Wendy)

“Zorro” (Young Lisa)

“Little Miss Sunshine” (Rosa Maria)

“A Christmas Carol” (Sarah Cratchit)

“Annie” (Annie)

“Les Miserables” (Young Cossette)

 

トランスフォーマー最新作 最後の騎士王の感想・レビュー

公開翌日に早速観に行ってきました!
感想は、
迫力がすごい!
製作陣が好き放題作った!?
登場人物が多すぎ!の3点です(笑)

一つ目は、さすがトランスフォーマーシリーズ、アクションやCGの迫力やリアルさがさすがです。今回の敵ボス、クインテッサがメカっぽいんですが人間っぽさもある独特の表情で、見ていて面白かったです。
二つ目は、中世ヨーロッパの話が絡んできたり、スターウォーズのR2D2の様なキャラやC3POの様なキャラ、小さい恐竜が出てきたりと色んな要素がごちゃまぜ。製作スタッフがやりたい事を詰め込んだなという感じで、世界観がよく分からなくなっていました。
三つ目は、登場人物が多い!トランスフォーマーの中でもどれが味方で
どれが敵なのか、人間同士でも誰がどういう立場なのか分からなくなりそうでした。
トランスフォーマーは1が一番面白かったな~とは思いますが、今まで全シリーズ制覇している人は十分に楽しめる作品だと思います。
今回が初見だとついていけないかもしれません^^;

以上、トランスフォーマーの感想でした。

 

カテゴリー: 美女ウォッチ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。