ローラ・ハドックのプロフィール★トランスフォーマーヒロイン!

ローラ・ハドック(Laura Haddock)はイギリスの女優。

1985年生まれの31歳、2013年にハンガーゲームで知られる若手俳優、サム・フラクリンと結婚。2015年に第一子である息子が生まれています。

過去には「世界で最も美しい顔」29位にランクインした事もあり、今回トランスフォーマー5のヒロイン、ビビアン・エンブリー役を見事勝ち取った、今乗りに乗っている女優、ローラ・ハドックについて調べてみました。

生い立ち

イギリス、ハートフォードシャーのセント・ジョージ学校に通うが、演劇を学ぶため17歳で学校を辞め、ロンドンの芸術教育学校へ移った。2008年にコメディ番組でテレビデビュー。映画では、キャプテン・アメリカやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに出演した。

彼女曰く、「父に女優を勧められていなかったら、今ごろ警察官になっていた」との事。ローラは子供のころ、毎日の様に将来なりたいものが変わっており、最終的にはいつも警察官で落ち着いていたのだそう。
ころころなりたいものが変わるローラを見た父に、「一か月毎に違う人間を演じられる女優になってみたらどうだ?」と言われたのがきっかけで女優を目指し始めたそうです。

父親のふとした一言で女優を目指し始めた彼女ですが、女優に必要な涙の演技は小さいころから既に習得していたそうです。
幼少期のエピソードとして、8歳のローラが「ポリアンナ(ディズニー映画の主人公)になりたいんだったら、一瞬で泣ける様にならないとね」と母に言われた時、頭をのけぞらせてその一瞬で涙を浮かべて見せたというものがあります。


(TVシリーズ:ダビンチ・デーモンのワンシーン)

ローラ・ハドックの性格は?

<名前でいじめられても気にしない!>

ローラは、「自分の姓については前向きに考える様にしている」と発言しています。なんでも、「ハドック」は英語で魚(タラ)の意味がある様で、初めて学校に行った日に「魚顔!」と言われ、初めて自分の苗字が変だと事に気づいたそう。それ以来、何度も何度も魚のジョークでからかわれ大変だった様です。
小学生のころから苗字でからかわれると自分の名前が嫌になってしまいそうですが、前向きに捉える、という事は、むしろ話のネタになってラッキー!ぐらいに考えるという事でしょうか?だとしたら彼女はかなりポジティブな性格なのではないかなと思います。

<女性的でロマンチスト?>

ハリウッドでボンドガールを演じる事が、彼女の幼少期からの夢!
小さいころからマリリン・モンローの映画を見ては、セクシーな女性に憧れていたそうです。今回ローラが出演するトランスフォーマーの監督、マイケル・ベイは、女優をセクシーに撮る事で有名で、「セクシーなイケイケお姉ちゃん」役を演じさせられるのは不愉快だ!と感じる女優とは度々揉めていますが、ボンドガールに憧れるローラ・ハドックとなら、現場でもうまくやっていけたんだろうなという気がしますね!
今流行りの強い女性、だけでなく、所謂「女性らしい女性」を演じるのも好きな、ローラ・ハドックです。

また、夫とのなれそめを語る際に、「私は一目ぼれを信じているわ!」「出会った時、きっと夫も「たった今、僕が結婚すべき相手と出会ったよ!」と言ってマネージャーの元に走っていったに違いないわ」と発言するなど、なかなかロマンチストな女性でもあるようです。

<私は私!>

ローラはその容姿からか、「第二のキャメロン・ディアス」「第二のキーラ・ナイトレイ」と称される事が多いそうです。しかし、彼女はこの「第二の…」という称号が気に入らない様で、「私は第二のキャメロン・ディアスでも、キーラ・ナイトレイでもない。なぜそう言われるのか全く分からないけど、私は第一の、そしてたった一人のローラ・ハドックでありたいわ」と発言しています。
大物女優の再来と称えられているのに、喜ぶどころか気を悪くするところに、自分は自分という芯の強さが垣間見られます。


(夫のサム・フランクリンと)

夫とのなれそめは?

夫のサム・フランクリンとは、「マリリン 7日間の恋」のオーディションで出会ったそうです。そのオーディション自体は2人とも上手くいかず、ローラが受けたマリリン・モンロー役はミシェル・ウィリアムズに、サムが受けたコリン・クラーク役は、エディ・レッドメインに決まってしまったそうですが、なんでもローラ曰く、「サムと出会った瞬間、お互い稲妻に打たれた様だった。結婚すると確信したわ!」との事で、後日偶然電車の中で出会い、交際がスタートしたそうです。オーディションの結果はともあれ、お互いにビビッと来る相手と偶然出会えるなんて、素敵なシチュエーションですね^^

出演映画

アメイジング・ワールド(2007年)
キャプテン・アメリカ(2011年)
The Inbetweeners Movie(2011年)
U.M.Aハンター(2011年)
ストレージ24(2012年)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年)