笑うと歯茎が見えるガミースマイルを筋トレで治した話

長年コンプレックスだった、笑った時に歯茎が見える「ガミースマイル」。

笑顔を気にしながら生きてきてはや30年、いい加減自分の口を気にせずに

笑える様になりたいなと思い、表情筋トレーニングを開始しました。

 

表情筋トレあなどるべからず。

 

1か月ほどで、自分でもわかるほどの効果が表れたので、その方法をご紹介します。

 




 

 

上唇を伸ばす

 

ガミースマイルの原因は、骨格であったり、筋肉であったりと(上唇を上に引っ張る筋肉が強すぎる等)人それぞれですが、

いずれの場合でも、笑った時に口を横方向に引っ張る筋肉を鍛えれば、笑顔の印象を大幅に変える事が出来ます。

 

まずは、上くちびる伸ばし。

f:id:monty7:20170915174410p:plain

口元に自信が持てる、口周りストレッチ:日経ウーマンオンライン【顔筋トレで、なりたい顔の作り方】

これを、1日2回、8秒×5セット。

 

私は会社帰りの薄暗い帰り道で毎日これをやっていました。かなり怖い。

 

本来は口角を上げるためのトレーニングですが、

上唇&鼻の下の皮膚を伸ばすトレーニングにもなって、ガミーさんにはもってこいのトレーニングなんです。

 

やはり私、上唇が短いのか、最初の頃はかなりしんどかったです。

まずこの実践例の様には口角が上がらない。思いっきりギューっと引き上げても口角が平行止まりになります。

それでも毎日続けているうちに少しずつ口角が上がる様になってきました。

 

「えーうー」体操

 

その名の通り、思いっきり唇を横に引っ張る様に 「えー」の口をキープし、

その後「うー」の口にして唇をすぼめる

 

という動きを繰り返すトレーニングです。

 

「えー」の時に盛り上がる頬の筋肉に人差し指をあて、軽く押さえる事で、

より筋肉を意識する事が出来るのでやってみてください。

 

 

割り箸体操

 

上下の前歯で割りばしを加え、上の歯が10本見えるまで、口を「いー」の形に広げます

口角が割り箸より上に来る様に、

また割り箸が床と平行になる様に、1分程キープします

 

私はこれをドライヤーで髪を乾かしている間にやっていました。

このトレーニング、効果はありますが、

毎回割り箸を出すのが面倒で、毎日は続けられませんでした…

 

 

以上、ガミースマイル改善のための表情筋トレーニングでした。

 

これらは全て、口角を上げるためのトレーニングでもあるので

口角がキュッと上がったハリウッドスマイルも同時に目指せる、

一石二鳥な筋トレです!!

 

割りばしトレーニングは特に、ちょっとでも油断すると口角が割りばしに

ついてしまうので、まだまだ筋肉が足りてないという事を思い知らされます。

 

ガミースマイルでお悩みの方、是非1か月続けてみてください!

効果を実感出来ればそれだけで自信になり、日に日に自分の笑顔が好きになっていきますよ。